油 1日摂取量

油 1日摂取量


油の1日摂取量に興味のある方へ。綿実油はプロが認めたサラダ油(食用油)の王様です。風味、栄養価、安定性にすぐれ、おいしくてヘルシーな食用油として知られる綿実油は色々なレシピに使用されています。プロが選んだこだわりの綿実油が、加工品として皆様の食卓に届いております。

一流の料理人の方々に選ばれて使用していただいております。料理人の方の細かいご要望にもお応えし、食材の本来の味を引き出す油として、長年にわたりご愛顧いただいております。ご家庭でも使用ください。 また、日本の伝統ある食品、手延べそうめんの材料としてご使用いただいております。手延べ素麺で選ばれる油として、麺の付着防止、乾燥防止、厄による風味向上、麺のコシの向上などが求められますが、それにお応えできるのが綿実油です。


~商品紹介~

◆綿実油

加熱による風味の劣化が少なく、揚げ物にピッタリの白絞油です。また加水分解に強いので、冷凍食品のフライオイルとして広く使われています。また、 油酔い物質の発生量が少ないので作業性も改善できます。
<原材料>食用綿実油 <内容量> 16.5kg


◆ホワイトコットンオイルブレンド

綿実油を分別した高融点油と軽い風味のコーン油をブレンドしたプレミアムフライ油です。小麦・卵との相性の良い綿実油の高融点部は、パン粉の立ちが良く、油切れにも優れます。
<原材料>食用綿実油 食用とうもろこし油 シリコーン
<内容量>16.5kg

>>その他の商品を見る


油 1日摂取量


~レシピ紹介~

◆ウルメの若干しのゴマ揚げ

・卵白を解きほぐしておく
・片栗粉をナイロン袋にいれて、イワシを入れて、薄くつける
・尻尾を持って、卵白をつける
・いりごまを全体につける
・180度に熱した綿実油で、1分くらい揚げる。イワシから出る泡が、大粒になり、ゴマがふっくらしたら大丈夫です。
※油の温度は菜箸などを使って図る方法があります。細かい泡が出ていたら、170度~180度です。

>>詳細はこちら

◆揚げそら豆
・そら豆をさやから取り出し、黒い部分に7mmくらいの切込みを入れる。
・180℃に熱した油で1~2分カリッと揚げる。
・揚げたてに塩をパラパラ振る。

>>詳細はこちら


◆海藻と大豆のかき揚げ
・海藻ミックスは水で戻し、水気をしっかりと絞る。玉ねぎは薄切りにする。
・てんぷら衣は、卵黄と冷水を混ぜ、小麦粉を加えてざっくり混ぜる。
・ボウルに海藻、大豆、玉ねぎを入れて合わせ、小麦粉を全体に薄くからむ程度にまぶし、てんぷら衣を加えて混ぜる。
・揚げ鍋にたっぷりの綿実油を入れ、170℃に加熱し、玉じゃくしですくい入れて、カラッと揚げる。

>>詳細はこちら
>>その他のレシピ


食用の油や油の王様をお探しの方、油の温度の見分け方、測り方、目安(160度、170度、180度)、菜箸を使った油の温度の測り方に興味のある方、油の原料や効果、効能、構造式、高温、作り方、酸化、使い方、脂肪酸、捨て方、種類と効能、性質、摂りすぎ、摂取量、代わり、値段、特徴、匂い、分類、量、劣化の原因に興味のある方、まずはお問い合わせ下さい。油の1日摂取量に興味のある方も是非どうぞ。


お問い合わせはこちらから

■岡村製油株式会社 会社概要

<本社及び工場〉
〒582-0004 大阪府柏原市河原町4番5号 TEL:072-971-3181  FAX:072-971-7310
〈東京支店〉
〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目7番11号(日本橋東ビル7F)
TEL:03-5255-3922  FAX:03-5255-3924


<製造品目>
綿実サラダ油、コーンサラダ油、キャノーラ油、各種植物油脂、綿実ミール、菜種ミール 、各種植物油脂粕 コットンリンター コットンハル 各種脂肪酸 キシロース 高級二塩基酸 機能性高分子材料

油 1日摂取量