ホームへ戻る > レシピ一覧> えびのマヨネーズ和え

えびのマヨネーズ和えレシピを印刷する

えびをサクッと揚げて、自家製マヨネーズのソースで和えた、新しい感覚の中華料理です。 卵たっぷりのマヨネーズに、コンデンスミルクでほのかな甘味をつけているのがポイントです。衣と揚げ油に綿実油を使うことでカラッと揚がり、綿実油のマヨネーズはコクがあるのに軽い仕上がりです。

材料4人分

えび 15尾
青ねぎ 2本
塩、こしょう、片栗粉 各適量
綿実油 適量
* 衣
小麦粉 大さじ6
片栗粉 大さじ3
ベーキングパウダー 小さじ1/2
100cc
綿実油 大さじ2

* マヨネーズソース

卵黄 1個
大さじ1/2
塩、粗挽きこしょう 各小さじ1/4
綿実油 100cc
コンデンスミルク 大さじ1

作り方

えびは殻をむき、背わたを取り、塩、片栗粉各少量を入れてもみ、水で洗って水気を取る。塩、こしょう各少量で下味をつけ、片栗粉を薄くまぶす。

衣を作る。ボウルに小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダーを混ぜ合わせ、水、綿実油を加えて泡立て器で混ぜる。

揚げ鍋に綿実油をたっぷり入れて170℃に熱し、えびに衣をつけてカラッと揚げる。

マヨネーズソースを作る。ボウルに卵黄、酢、塩、粗挽きこしょうを混ぜ合わせ、泡立て器でしっかり混ぜながら、綿実油を糸のように細くたらしながら少しずつ加えてマヨネーズを作る。コンデンスミルクを加えて混ぜる。

揚げたえびにマヨネーズソースをからめて、器に盛り、小口切りにした青ねぎをのせる。

一番搾り綿実油 400g

じっくり搾りだす圧搾製法
一番搾り綿実サラダ油は昔ながらのじっくり搾り出す製法(圧搾製法)で得られた一番搾りの油のみを使用したこだわりの商品です。
ビタミンEが豊富で、最高級サラダ油としてドレッシング、揚げ物、炒め物にご使用いただきますと、素材の風味を活かし、油切れがよく軽くあっさり仕上がります。
400g
PET

ページの一番上へ