ホームへ戻る > レシピ一覧> 炒めかぼちゃの煮物

炒めかぼちゃの煮物 レシピを印刷する

材料( 2〜3人分)

かぼちゃ 1/2個(約400g)
綿実油 適量
*煮汁 約300cc
だし汁 大さじ2
砂糖 大さじ1〜2
みりん 大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ2


かぼちゃの煮物を作る際に、まずかぼちゃを綿実油で炒めてから、いつもの味つけで煮含めましょう。油のコクと風味が加わり、箸が進みます。

また、油で炒めるという工程をプラスすることで、健康効果も期待できます。 かぼちゃに豊富なβ(ベータ)‐カロテンには、抗酸化力があり、細胞レベルで老化を防いでくれます。また、のどや消化器官の粘膜を健康に保つ働きがあり、風邪などにかかりにくい体を作るのに役立ちます。昔からこの効果を望んで、冬至にかぼちゃを食べる風習があるのですが、実は、β‐カロテンは、油と一緒に摂ってこそ、体内での吸収率が高まるのです。ですから、かぼちゃの栄養をしっかり摂る観点からいえば、油を使う料理のほうが理にかなっているのです。

もう一つの健康効果としては、砂糖の量を減らせるということです。かぼちゃの煮物は、他の煮物よりも砂糖を多く入れて味つけする傾向がありますが、油で炒めてから煮る場合には、砂糖の量を減らしても十分においしいのです。そして、しょうゆを少し足せば、しっかりとした味つけのおかずにも変身します。

食べ慣れた料理に、油をプラスするという考えは、意外かもしれませんが、素材に含まれる栄養を丸ごといただくためにも、ぜひお試しください。

作り方

かぼちゃは種とわたを取り除き、一口大に切る。

 

鍋に綿実油を熱し、かぼちゃを炒め、だし汁をかぼちゃがひたひたにつかる程度加える。砂糖、みりんを入れる。

 

落としぶた(またはクッキングペーパーで紙ぶた)をして、約10分煮て、薄口しょうゆを加え、さらに約10分煮る。

 

一番搾り綿実油 400g

じっくり搾りだす圧搾製法
一番搾り綿実サラダ油は昔ながらのじっくり搾り出す製法(圧搾製法)で得られた一番搾りの油のみを使用したこだわりの商品です。
ビタミンEが豊富で、最高級サラダ油としてドレッシング、揚げ物、炒め物にご使用いただきますと、素材の風味を活かし、油切れがよく軽くあっさり仕上がります。
400g
PET

ページの一番上へ